巻爪・足の爪トラブル対策

足の爪トラブル「巻爪」と「陥入爪」とは

足の爪トラブルには、「巻爪」と「陥入爪」という症状があります。 「巻爪」とは、足の爪の端が曲がってしまい、靴を履くと当たってしまい痛みが伴う症状です。 「陥入爪」とは、足の爪の先端、端が皮膚に食い込んでしまい、皮膚の炎症を引き起こしたり、腫れ、痛みを伴う症状です。 この2つのトラブルにかかる人もいます。 足の爪トラブルの「巻爪」と「陥入爪」にかかると、痛みから足をかばうために、他に悪影響を与えます...

足の爪トラブル「巻爪」と「陥入爪」の予防

足の爪トラブルの「巻爪」や「陥入爪」にならないためには、爪を切り方も注意する必要があります。 足の爪を切るおときは、足の指の先端と同じもしくは、長めに切ります。 爪が長すぎてしまうと、靴に当たったり、爪が剥がれてしまう危険があるので、伸ばしすぎないことが大切です。 足の親指の爪の手入れする方法を紹介します。 1.足をおよそ3分間、湯につけて爪を軟らかくします。 爪が軟らかくなることで、切ったときに...

足の爪トラブル「巻爪」と「陥入爪」の治療

足の爪トラブル「巻爪」と「陥入爪」になってしまったら、それぞれ治療方法があります。 足の爪トラブル「巻爪」と「陥入爪」の治療方法を紹介します。 まず、足の爪トラブル「巻爪」の場合の治療方法ですが、「ワイヤー法」と「クリップ法」という治療方法があります。 「ワイヤー法」は、形状記憶合金のワイヤーを使います。 足の爪の先端に孔を開けて、形状記憶合金のワイヤーを通します。 すると、ワイヤーのまっすぐに戻...

サイトMENU

Copyright (C) 巻爪・足の爪トラブル対策. All Rights Reserved.